フリー 占いソフト販売 ナブー
平成 31 01 16 (水) 仏滅
戊戌 乙丑 癸丑
  • 占いサイトトップへ
  • 占いソフト購入方法
  • 四柱推命講座
  • 風水講座
  • 会社概要
  • お問い合わせ

鑑定<用神>

  各個人には、顔や体つきや指紋が違うように、運命も違ったものを持っています。
命式は、バランス良く純粋であることが最良です。
しかし、だれしも五行のバランスの欠陥があり、旺衰、強弱、大過、不及などから不幸を招いたりします。
この命式のバランスを調えたり、悪い働きを制する通変星があります。
これを用神または喜神といいます。
具体的には、周りの人や時の運が持つ通変星となります。
 
 
 
  (1)比肩、劫財が用神となる場合
命式に正財、偏財が多くあって、身弱の場合は比肩、劫財が用神となります。
弱い自分を助けて、財星を制するからです。

(2)食神、傷官が用神となる場合
命式に偏官、正官が多く自分自身が強い場合は、食神、傷官が用神となります。
日干と官星のバランスを整える必要があるからです。

(3)正財、偏財が用神となる場合
命式に偏印、印綬が多くある場合は正財、偏財が用神となります。
印星が多いと、育ての親が多くて、溺愛され怠慢となったり、親を勝ることができなかったり、 仕事ができない人となるからです。
正財、偏財はこれらの働きを制します。

(4)正官、偏官が用神となる場合
命式に比肩、劫財が多くある場合は正官、偏官が用神となります。
比肩、劫財が多いと他人の意見を聞き入れず、自分勝手になるからです。
こういった人は、結局財を無くし、妻を無くしかねません。
正官、偏官はこれらの働きを制します。

(5)偏印、印綬が用神となる場合
命式に正官、偏官を多くてそれが強い人は、偏印、印綬が用神となります。
他人から頼られることによって、自分自身が制され尅されることが多くなるためです。
また食神、傷官が多い人も偏印、印綬が用神となります。
自分からエネルギーを放出してしまい、結局弱り果て、衰弱してしまうからです。
偏印、印綬はこれらの星のバランスを整えます。

(6)調候が用神となる場合
調候用神とは生まれ月の寒暖を調える星のことで、四季の用神とも呼ばれます。
生まれ月が寒い季節とか、夏の暑い季節に生まれた場合、または命式に水が多いとか、 火が多いような場合は、調候用神が必要となります。