フリー 占いソフト販売 ナブー
平成 33 02 28 (日) 大安
辛丑 庚寅 丁未
  • 占いサイトトップへ
  • 占いソフト購入方法
  • 四柱推命講座
  • 風水講座
  • 会社概要
  • お問い合わせ

風水の極意<四神相応の地>


【7】 四神相応の地

「穴」は「砂」に守られながら、正面は開けたほうが良く、これを「明堂」と呼びます。
さらに、「水」は「気」を蓄える性質があり、川や池があったほうが良いといわれます。
「明堂」が「砂」に守られ、川が「明堂」を囲むように流れるととても良い地となります。
さらに「靑龍砂」や「白虎砂」に守られた「明堂」の正面に丘や小山があると、「砂」となります。
「穴」より遠くやや高いものを「朝山」「穴」に近く低いものを「案山」と呼びます。

この朝山や案山を鳥に似た神獣「朱雀」にたとえます。
北に父母山(玄武)、東に靑龍砂、西に白虎砂、南に朝山・案山(朱雀)の四神獣がそろう地を四神相応の地といい、風水では典型的な良い地となります。
平安京、江戸、日光東照宮などの地がそうです。